星空と林とつむじ風星空と林とつむじ風

ちょっと「好奇心」に関して考えてみようよ。そんなに敬遠するような問題ではないと思うんだよ、「作戦」については。
汗をたらしてダンスする友達と夕立

汗をたらしてダンスする友達と夕立

雑誌を眺めていたり人ごみに行くと美人だな〜と思える人は多い。
顔立ちは、標準的な美しさとは言えなくても、人目を引いたりオーラがあったり。
個人の雰囲気は、その人の心の中かもしれない。
結構大きいと思う。
私が惹かれるのは歌手の西野カナさんだ。
コンサートに行って初めてインタビュー受けている姿を見た。
女性らしい!と考えずにいられない。
ベビーフェイスに、体格も良い感じ、淡い色が凄く合うイメージ。
喋り方がほんわかしていて、方言もポイントがアップ。
曲は割と聞いていたけれど、これを見てからそれ以上にファンになった。

そよ風の吹く仏滅の日没にお菓子作り
夏で催しがとってもたくさんで、このところ、夜更けにも人の通行、車の通りが非常に増えた。
かたいなかの奥まった場所なので、通常は、夜、人通りも車の行き来もそれほどないが、花火やとうろうなどが行われており、人通りや車の通行が非常に多い。
平素の静まり返っている夜が妨害されていささかさわがしいことがうざいが、いつもは、元気が僅少なへんぴな所が元気がでているように見えるのもまあいいのではないか。
隣近所は、街灯も存在しなくて、暗いのだが、人の往来、車の行き来があって、にぎやかさがあると明るく思える。

熱中して叫ぶあいつと僕

私は前から、肌がさほど丈夫でなく、ちょっとしたことでトラブルが起きる。
それに、ボディーシャンプーの体に残ってしまう使用感が好ましくない。
それだと、冬はもちろん乾燥するので、なるべく余計な薬品が入っていない化粧水を使う事にしている。
愛用中の品のびっくりする部分は、価格設定がものすごく高いところ。

汗をたらして吠えるあなたと僕
挨拶用で何着か少しだけスーツ用のワイシャツを持っているけれど、毎回チョイスするときに多く試着する。
そこそこ、かたちにこだわるのも変わってるかと思っていた。
すると、昨日、Yシャツはオーダーでと、こだわっていた方がいらっしゃったので、心外だった。
もちろん、シャツ一枚でカッコよく見えるので、いいかもと思った。

ノリノリで吠える兄さんと電子レンジ

最近、腹のぜい肉を頑張って減らそうと思い筋トレを頑張っている。
娘を自分の足元にのせて一から声を出し数えながら腹筋をしたら、わが子との遊びにもなるし、しゃべりだしの子供も一から数を耳で覚えるし、私の脂肪も落ちるし、一粒で二度おいしいことだと考えていたけれど、最初のうちは、楽しんでいたわが子もだれたのか、しなくなってしまった。

天気の良い火曜の夕暮れに散歩を
恐ろしいと感じるものはいっぱいあるけれど、私は海が一番怖い。
しかも、沖縄やオーストラリアなどの水色の海ではない。
どちらかと言うと、しまなみ海峡などの黒い海だ。
ついつい、水平線に囲まれている・・・なんて状況を想像してしまう。
それが味わってみたかったら、オープンウォーターという映画が持って来いだと思う。
スキューバーで海のど真ん中に置いてけぼりの夫婦の、トークのみで繰り広げられる。
どう考えても、私にとって恐怖の内容だ。
もしかすれば起こり得る事なので、臨場感は大変伝わるだろう。

気分良く泳ぐあいつと草原

個々で、好きなものや気になるものが存在すると思うけれど、それを聞くのが大好き。
友達に質問してみると、金、スベスベの下着、お母さんの事が大好きとの事。
その上、男性の血管の見える手首。
それと、スペイン語の巻き舌。
自分には理解できない。
りんごアメ、素肌に直接ニット、軽い香水、声の高い男性が好きだと、言ってみた。
同じく意味不明だと言われた。
まさにこれは、フェチという部類だという。

夢中でダンスする妹とよく冷えたビール
セミ鳴き声もやんだ夏の日の夜。
少年は縁側に座って、スイカを食べていた。
西瓜をかじってはタネを外に向けて吐いていると、ときどき種が飛ばずに、自分の体に落ちたりしていた。
傍に置いている蚊取り線香の香りと、月が明るい蒸し返す夜、そして西瓜の味。
少年はそれぞれを堪能しつつ、残りの夏休みは何をして遊ぼうかな、と思っていた。

一生懸命体操する妹とわたし

「とにかくこうで当たり前だ!」と、自身の価値観のみで他人を見極めるのは悪ではない。
だけど、世の中には、事情と言うものが個人の周辺に浮いている。
それを考えれば自信を手に入れるのはGOODだけど、あまりにも反対するのはどうなんだろう?と考える。
まあ、これも個人の考えでしかないんだけれど。
暮らしにくい世になってもおかしくないかもしれない。

涼しい日曜の朝は散歩を
私は昔、正社員として多くの人に囲まれて属していた。
だけど、働き始めて4年くらいで大勢で共に何かをするというのが向いていないと知った。
業務の時間が長い上に、チームプレイで進めていくので、どうしても噂話が多い。
噂話を好きになれば世渡り上手になれるのかもしれない。
何を聞いても、どうでもいいとしか思えない運命なのだ。
厄介なことに、作業が遅い人に合わせるという努力ができない、早い人についていけない。
そもそも努力が見られない!と思うかもしれないが、母には運命なのだと言われた。

サイトコンテンツ


サイトコンテンツ


花花

Copyright (C) 2015 星空と林とつむじ風 All Rights Reserved.